最近、iPadにマウスを繋ぎました。
タッチでやればいい話ではあるのですが、
どっちかというとマウスのほうが
好きっぽいです。
本来タッチ操作向けに大きく取られた
各種ボタンはマウスでのわりと適当な
ポイントの動きにも相性がいいようです。

そうして思ったのが
PSO2esの今一つな押しづらさ。
menuが小さかったり
うーん、あとは…
ボタンとボタンがくっつきすぎなのかな・・・
どうにも押しミスしちゃう。
イドラはそうでもないんだけどなぁ・・・

おっと、アニメ。
ストーリー的にはガンガン盛り上がる
第18話「わたしが生まれたその理由」
こういうのでいいんだよ。





なんていうか、
初見の人が・・・みたいな
感想をよく書いてたような気がします。
でも、もう気にしないことに。
僕はわかるし。
どうせ初見の人は、わかんなくても
興味があればゲームするだろうし。
興味があれば、ね。


さて、今回はマトイさん(2世)の
消された過去を確かめるお話。

オラクルの管理者となって増長しまくる上司、
シャオの監視付きのため、
いちいちやりづらそうなアッシュ君。
「アッシュ!」といわれて
「わかってる!(ちっ、うっせーな!)」
と応えるアッシュ君。

ゲッテムハルトファミリーご一行の不幸、
サラ(と思われる)子供への適当な対応
等々、上司シャオの指示により
なんとかできたかも、な
不幸が置き去りにされます。
未来のために。
プッ。
おまえ自身のためだろ、シャオ!

そうしてマトイの元に現れたアッシュ君。
ああ!手に持つソードが!
だめよ!チガウの!逃げてマトイ!
みたいな展開ですよ!
アツいです!

メルフォンシーナ(本物)が死ぬシーンが
アニメ開始当初のコンセプトにあった残酷さ
と無縁だったのが大変に残念です。
でも、そんくらいかな、あえて気になったのは。

ラストのアプレンティスばぁちゃんのドアップは
ガキでなくてもちょっとひく。



今日のヒトコト。

シャオ君、うっざ。


ぽきんたん100