もの忘れが激しいというよりも、頭のキレが悪いのかな、僕。

というのが感想です。

読み返してみると、確かに知っていた内容。
でも、知っていても有用に使えず、あまつさえ忘れるなんて。

われながら、困ったもんです。

Windows7でのお話ではあるんですが、
PSO2を遊ぶとき、AeroはONのほうが幸せになるかも、というお話です。



ネットで色々情報を漁ってるときの事。

「Windows Aeroは画面の垂直同期をとる」

うんうん。そうだね・・・
・・・
・・・あれ?
じゃぁなんでわいのPSO2は起動時にOFFになるの?

・・・(設定確認中)・・・

ああ、デスクトップコンポジション"無効にする”設定をしていました。

描画設定6が来るまでは、フルスクリーンで遊んでいたので無効にしてたんです。
仮想フルスクリーンで遊ぶようになっても、そのままでした・・・。
で、ティアリング(画面が割れるようにズレるアレ)が発生していた、と。

ああ、なんという・・・。
恥ずかしい。
知ってても活用できなきゃ知らないのと同じですね。
まぁ、今それを知ったわけですし、もう一度お勉強です。


もっかい調べると、AeroをOFFにするのは描画が3フレーム遅れる、という話からのようです。
うん、しってた。思い出した。
3フレーム。60fps(自環境でディスプレイと同期を取る場合)で考えると、50msですか。

うーん。
PSO2でそこまで厳密な遅れの心配をすべきだろうか。
うん、まーぶっちゃけすべきかどうかもわかりません。

前やってたのは、遅延は無いほうがいい、って考えだったのでしょう。
フルスクリーンだとドライバ側で垂直同期ONでOKでしたしね。
今回は垂直同期を取ってくれる、という相反する大きなメリットがありますので、これとの天秤ですね。

とりあえず、ONに戻して、垂直同期が取れるか(ティアリング解消されるか)
を確認して、ついでにプレイしてみて3フレーム遅延も操作して感じてみます。

あ、追加情報でAeroの3フレーム遅延はAeroプレビューが悪いだ何だという情報があったので、

AeroはON、AeroプレビューはOFFで。
3日くらいプレイしてみました。

結果は

・仮想フルスクで垂直同期は取れた(ティアリング完全解消)
・3フレームの差があるのか、しょぼい僕には感じとれなかった

ということで、AeroはONのほうが幸せという結果に。

どちらがいい、と一方的に決め付ける話でもないでしょうが、
何でもAeroをOFFにすればいいってーのも違うんだなぁ、と思いました。



肝心のゲームプレイのほうは・・・
うーん、すこしモチベーション低いかなぁ・・・
結局何でもかんでもコレクトや交換ってことで・・・。
なんというか、作業感が半端ないな、と。
5人目のビンゴをコンプしたとき、ふと、そんな風に思いました。
あ、これビンゴの作業感かw

レアドロこいこい~