ナベリウス森林。原生生物で溢れかえる危険な森のその奥に
侵食薬常習者が潜んでいるとの情報が入った。

pso20160603_050449_002

急ぎ現場に向かう。




ナベリウス 森林地帯は危険が多い。

pso20160603_050539_008

相手が警察の服を着ていようが平気でナンパを仕掛けてくる!!
プライベートの時にとお願いしつついなしていると、本部より別事案発生との連絡が入り、一気に緊張が走る!!

pso20160603_050954_030

掘削機始動ミッションである。
いつ何時発生するかわからないため、ガロンゴ警察では「うざい」とまで忌み嫌われる事案である。

pso20160603_051026_031

しかもノルマがあるのだ!!
公僕たるがろんご警察は実績作りも立派な仕事の1つである。
ポーズも時には必要と言うことだ。

pso20160603_051245_038

さらに別事案発生。
侵食薬の所持者と出くわしてしまった。
職質をする間もなく襲い掛かってくる所持者。やむなく撃破することに。

pso20160603_051315_039

なんと!2人目の所持者まで潜んでいたというのか!!!

pso20160603_051340_042

やむを得ないこととはいえ、やり場のない怒りがこみ上げる・・・
ナベリウス森林地帯の闇はどこまでも深い・・・。



pso20160603_051640_055

情報のあった奥地へと、いよいよ足を踏み入れることに。

pso20160603_051958_062
・・・いた!!
侵食薬の副作用なのか、たまに苦しんでいる様子が窺える!

pso20160603_051654_057

pso20160603_054029_007

pso20160603_052045_066

常習者の逮捕には無事成功した。
だが、侵食薬はすべて服用した後だったようだ・・・。
検出は解剖へ託すこととなった・・・。

pso20160603_052411_073

だがしかし、近年荒れ続けるナベリウスの現状は厳しい。
戻ったらクソババァよ・・・本部より、新たなる出動命令が下る。
またもや、ナベリウス森林地帯である。
2度行ってもオーダー的にはおいしくないにもかかわらず、である。



-がろんご警察は24時間眠らない
 ナベリウスから侵食の影響が消えるそのときまで-